お問い合わせ

アーカイブス

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 『大人が知らない ネットいじめの真実』が情報モラル学習教材に | トップページ | 中学校PTA向けに「性情報リテラシー教育」講演 »

2013年8月13日 (火)

SNSで目立ちたい子どもの心理:【ネット・リテラシー教育と青少年保護】4

飲食店従業員の冷凍庫ケース潜入写真をはじめ、
若者によるSNSへの「不適切」写真投稿が後を絶たず、
雇用企業が損害賠償を検討する動きにまで発展している。

投稿した本人に悪気はなく、
単に「目立ちたかったから」という理由が多いようだ。
そうまでして「ネットで目立ちたい」と欲するのはなぜか?
かつて取材した子ども達の声を御紹介しよう:

---------------------------------------------------
SNSで目立ちたい子どもの心理:【ネット・リテラシー教育と青少年保護】4

「アイドルの○○くんダイスキ!」「モデルの○○様は神っ」……。

プロフの「好きな芸能人」の欄に様々な名前を並べるのは、関東地方の私立中3年のイズミ。だが本当は、この人たちのことを好きでもなんでもないという。

「人気がある芸能人の名前とか書くと、アクセス数が上がるんですよ。『あたしもその人好き』ってメルボに届いたり。だからつい、検索にひっかかるための単語を増やしちゃう。アクセス数が上がると嬉しいですね。見てくれてるんだって」

プロフには、何人が閲覧したかがわかる「アクセス数」が、毎日表示される。他人からも見られるため、アクセス数が多ければ誇らしい。逆に、少なければ恥ずかしい気分になる。

アクセス数にこだわる理由はそれだけではない。最大の目的は、プロフ内のリンクから「ブログ」へと誘導することだ。

イズミはブログをほぼ毎日更新する。
「今朝は寝坊した。学校では友達の○○と△△して過ごした。放課後はプリクラ撮りに行ってカラコン(カラーコンタクト)とツケマ(付けまつげ)で盛って……」


学校生活やバイト、メイクについて詳細に書く。ごく普通の高校生のイズミだが、彼女のブログの読者数は200人近くに上る。

「読者が増えるとテンション上がる。面白い文章書くとか、工夫してます。つまんない内容だと見てもらえないし」

芸能人でもあるまいし、なぜそんなに、自己アピールに気合が入るのか。

「やっぱプロフやブログがないと、自分のことを知られてないから、学校や地元でも目立たないですよね。『この子誰』みたいな。知られてる方が、『○○ちゃんだよねー』みたいな感じから会話が始まるから」

ネット上で存在感を示せなければ、実生活でも相手にされない。
「目立った者勝ち」の強迫観念に駆られ、子どもたちはきょうも携帯世界で「私はここにいる」と叫ぶ。


(新聞連載)

 【参考文献】

Book

プロフ中毒ケータイ天国
 子どもの秘密がなくなる日

 渡辺真由子著(主婦の友新書)


このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi(お気に入り登録)

facebook(フィード購読)
 

spadeブログの最新記事をメールでお届け

■渡辺真由子 公式サイト
Hp

 


clubよく読まれている記事
 「性情報リテラシー教育」新聞連載を緊急公開!

diamondまゆマガ。
  「貪欲に生きる!技術

------------------------------------------------

« 『大人が知らない ネットいじめの真実』が情報モラル学習教材に | トップページ | 中学校PTA向けに「性情報リテラシー教育」講演 »

ネット・SNSリテラシー教育と青少年保護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147830/52863615

この記事へのトラックバック一覧です: SNSで目立ちたい子どもの心理:【ネット・リテラシー教育と青少年保護】4:

« 『大人が知らない ネットいじめの真実』が情報モラル学習教材に | トップページ | 中学校PTA向けに「性情報リテラシー教育」講演 »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

メールマガジン登録

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓

このサイトについて