お問い合わせ

アーカイブス

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 学校のいじめ危機管理とマスコミ対応(インタビュー) | トップページ | 「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から:(1)はじめに »

2013年7月 8日 (月)

PTA大会&青少年健全育成大会でネットいじめ講演

東京都江戸川区教育委員会が主催した「PTA春の講演会」にて
講師を務めた。

 

「深刻化するネットいじめ~その現状と大人の役割~」がテーマ。
幼稚園・小学校・中学校のPTA会員、計約440名の方々が参加。

 

地元の新聞社も取材に訪れるなか、
ネットいじめの現状と対策について、
私が取材してきた子どもたちの心理を紹介しながら
お話させて頂いた。

・ネットいじめの恐ろしさと、子どもを守る対策の重要性について、
具体例を挙げながらの説明は
とても勉強になった
・「いじめられる子どもは強い子である」という
取材者ならではの言葉が印象に残った

・とてもバランスの良いセミナーだった

・話の流れがとてもわかりやすかった

・実際に被害にあった子どもの取材や、亡くなった子どものことを調べられていて、説得力があった

 

・家庭での会話が多方面に影響を与えるのだと思った。今以上に耳を傾け、大切にしようと思う
・親の側として、お互いを思いやりあう人間関係の素晴らしさを教えたり、大切にしあう社会をめざして行動していきたいと感じた


……等々、大変多くの御感想を頂いた。有難うございます!


また後日、
栃木県大田原市少年指導センターが主催した
青少年健全育成大会にて、
同じくネットいじめをテーマに講演を務めた。

この日は、奈良県内で発生した中1女子の自殺に
LINEいじめが絡んでいたとの報道が出たばかりで、
参加者の方々の関心も高かった模様。

いじめ加害者を減らすには、
子ども達の「自己肯定感」を育むことが重要だと私は考えている。
ちょうど大田原市では昨年度から市内の全小中学校で
ありがとう運動」なるものを実施。
「ありがとう」という気持ちや言葉を通し、家庭や学校でお互いを尊重し合い、
子どもが自分自身の存在価値を高めることが目的だという。

「ありがとう」という一言からは、色んな思いを感じ取ることが出来る。
数年後に効果が出ることを期待しています!


【参考文献】

1大人が知らない ネットいじめの真実

Book

プロフ中毒ケータイ天国
 子どもの秘密がなくなる日






このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi(お気に入り登録)

facebook(フィード購読)
 

spadeブログの最新記事をメールでお届け

■渡辺真由子 公式サイト
Hp

 


clubよく読まれている記事
 「性情報リテラシー教育」新聞連載を緊急公開!

diamondまゆマガ。
  「貪欲に生きる!技術


------------------------------------------------

« 学校のいじめ危機管理とマスコミ対応(インタビュー) | トップページ | 「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から:(1)はじめに »

ネットいじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147830/52366321

この記事へのトラックバック一覧です: PTA大会&青少年健全育成大会でネットいじめ講演:

« 学校のいじめ危機管理とマスコミ対応(インタビュー) | トップページ | 「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から:(1)はじめに »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

メールマガジン登録

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓

このサイトについて