お問い合わせ

アーカイブス

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« (2)教師のいじめ対応:「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から | トップページ | 児童ポルノ禁止法改正案と都条例(新聞寄稿) »

2013年7月23日 (火)

男女共同参画週間に「メディア・リテラシーとジェンダー」講演

先月下旬は男女共同参画週間、ということで、
木更津市主催の男女共同参画フォーラムにて講演を務めた。

「それってもう1ヵ月くらい前の話やないと?」と気付いたあなた、
ええ、ブログ更新が追い付かず恐縮であります。

テーマは
「メディアを読み解くチカラをつけよう!
 ~女性・男性の描かれ方はどうなっているのか?」。
メディア・リテラシーの基礎知識や、ニュースの読み解き方、
メディアのジェンダー表現の問題点について
お話させて頂いた。

・「TVを見ていて、アナウンサーの言うままの評論家の意見に偏りを感じていたので
やっぱりと思った」
・「小さい時から男女のありようを刷り込まれているので、なかなか右から左へと言うように行かないと思いますが、このような講演の機会を増やして地道な努力を続けなければならないのではないかと思いました」
・「意識せず見ていた事を今後一歩引いた目線で眺め、考えるクセを習慣づけて行きたいと感じました。(テレビのこちら側で勝手に文句を言っていた一人で大いに参考になりました)」
・「今まで深く考えることがなかったメディアについて、読み解く方法を少しだけですが、身についたように思います。一歩引いて読み解きたいと心がけます」
・「おもしろかったです。例をあげながらわかりやすく説明していただいたのでよく理解できました」
・「メディアの言葉の表現で自分達が左右されていることに気づいた。言葉の表現に気をつけて生活したい」
・「TVや新聞の新しい見方を教えてもらいました。メディア報道を批判する機関がないことも問題かも?」
・「報道内容を鵜呑みにせず、見る力をつけていきたい」

……等々、たくさんの御感想が寄せられた。有難うございます!

また、主催者の方からはお土産に
「木更津ポン太」(岡杢栄泉堂)の餡菓子と
「あさりの佃煮」(岩崎物産)を頂いた。

「しょ、しょ、しょじょじ、しょじょじの庭は~♪」の童謡って、
木更津が発祥だったのですねえ。
佃煮も日本酒に良く合い、美味しゅうございました。


【参考文献】

Book3 オトナのメディア・リテラシー
         (リベルタ出版)  
◆大学入試 出題文献 
◆小論文模試 出題文献




このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi(お気に入り登録)

facebook(フィード購読)
 

spadeブログの最新記事をメールでお届け

■渡辺真由子 公式サイト
Hp

 


clubよく読まれている記事
 「性情報リテラシー教育」新聞連載を緊急公開!

diamondまゆマガ。
  「貪欲に生きる!技術

------------------------------------------------

« (2)教師のいじめ対応:「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から | トップページ | 児童ポルノ禁止法改正案と都条例(新聞寄稿) »

女男共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147830/52521063

この記事へのトラックバック一覧です: 男女共同参画週間に「メディア・リテラシーとジェンダー」講演:

« (2)教師のいじめ対応:「新」いじめ対策法に向けて~いじめ自殺遺族への15年取材から | トップページ | 児童ポルノ禁止法改正案と都条例(新聞寄稿) »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

メールマガジン登録

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓

このサイトについて