お問い合わせ

アーカイブス

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ニコ生で「いじめ自殺」特集番組 | トップページ | いじめを減らすには~被害者イメージの改革&加害者ケア 【大津市いじめ自殺】 »

2012年7月12日 (木)

大津市いじめ自殺、警察強制捜査の意義

今朝のテレビ朝日「モーニングバード」は
大津市の中2いじめ自殺を特集し、
私もコメンテーターを務めた。

中学校や市教委に警察が家宅捜索に入った背景や、
第3者委員会を立ち上げる際に注目すべきポイント等をお話。

さて、
警察がようやく動き出したことで、
今後の焦点の1つは「加害生徒を立件するか否か」になる。

立件する場合、遺族が真実を知る道は大きく開く可能性がある。

2008年に少年法が改正されたことにより、
加害者が12歳以上であれば罪の内容次第で、
家庭裁判所が少年審判の傍聴を被害者側に許可し得ることになったのだ。

加害少年の事件記録についても、2000年の法改正以降、
原則として閲覧やコピーが出来るようになった。

私がいじめ自殺事件の取材を始めた14年前は、
少年審判は原則非公開。
遺族たちは、子どもの身に起きた真実を知るために、
それこそ事件記録を見るためだけにも
裁判を起こさなければならなかったのだ。

あれから月日が流れ、
被害者を取り巻く司法環境は確実に変わってきている。
今後の警察の対応を見守りたい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi(お気に入り登録)

spadeブログの最新記事をメールでお届け

----------------------------------------

clubよく読まれている記事
 「性情報リテラシー教育」新聞連載を緊急公開!

-----------------------------------------
 

« ニコ生で「いじめ自殺」特集番組 | トップページ | いじめを減らすには~被害者イメージの改革&加害者ケア 【大津市いじめ自殺】 »

いじめ自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147830/46300008

この記事へのトラックバック一覧です: 大津市いじめ自殺、警察強制捜査の意義:

« ニコ生で「いじめ自殺」特集番組 | トップページ | いじめを減らすには~被害者イメージの改革&加害者ケア 【大津市いじめ自殺】 »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

メールマガジン登録

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓

このサイトについて