アーカイブス

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« アルコール・ハラスメントを取材して | トップページ | 『性情報リテラシー』6.身近にあるデートDV »

2012年6月21日 (木)

『性情報リテラシー』5.露出服の意味

メッセージ 
 >前回

(新聞連載) 

-------------

この女性と、最後までいけるかどうか。いざ誘う段階になると、相手の「OKサイン」を見極めようと、男子は様々に深読みをするようだ。

 ヒロト(仮名・22歳)は関西出身で、難関私立大学の文学部4年生。周囲からは「性豪」と呼ばれる。彼女はいるが、他にも数々の女の子と一晩だけの関係を繰り返してきたという。特に美形というわけではないものの、垂れ気味の目と少々ふっくらした体つきが愛嬌をかもし出す。卒業後はテレビ局でバラエティ番組を制作することを希望し、民放への就職が決まっている。

合コンで知り合った女の子とデートするとき、まず相手の服装をチェックする。「露出度が高い服を着ている場合は、『あ、こいつやる気かな』という目で見ちゃいますね。こっちが欲情してその気になります。雑誌にもそう書いてあったし」

 マサユキ(関連情報)も持論を熱く語る。「だって露出する必要がないでしょう。服を着て街を歩く以上、そこには公共性がある。だから露出が高い服を着て、その気があると思われるのは、申し訳ないが当然かなと」

誘いを断られて、傷つきたくない。そんな思いもあってか、「女性のOKサインをいかに見抜くか」は男性誌の永遠のテーマだ。40年近く前の男性週刊誌に、「女性の言葉、行動、目の輝きで分かる突撃の合図!」という特集が早くも登場している。なかでも、ミニスカートや胸の開いた服装は「大いに期待できるサイン」と指南されてきた。

 女性の考えはどうか。「露出に深い意味はないなー。好きな服を着ているだけじゃん」とバッサリ斬るのはキョウコ(関連情報「露出イコールその気があるとは、つながらないと思う」と否定する。だが男性に誤解を与えないよう、着るものには気をつけている。

「私は肩を出す服装が好きなんですけど、夜遅い時間に外を歩かなければならないときは、1枚はおるものを持っていきます。男友達と2人でドライブに行くときも、ミニスカートを履きたければ膝掛けを用意しますね。露出で誘っていると思われたら困るし」

私が大学生の女男を対象に実施したアンケート調査によれば、露出が高い服を「OKサイン」と考える男子は21%に上る。ところが、自分の露出にそのような意味を込める女子は4%に過ぎない。

 女性がどのような服を着るかは「好み」による部分も大きい。脚線美が自慢ならミニスカートを履きたくもなるが、必ずしも挑発しているわけではない。露出した肌を「見せびらかす」ことと、実際に「触らせる」ことには、雲泥の差があるためだ。

だが、このような心理は男性向けメディアにはわかりにくいと見える。痴漢の被害に遭った女性を、「露出する服を着ていたのが悪い」と逆に責める風潮すらある。勝手な誤解が、女子から服装の自由を奪う。

<続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi(お気に入り登録)

ブログの最新記事をメールでお届け

---------------------------------------------------------------------------

« アルコール・ハラスメントを取材して | トップページ | 『性情報リテラシー』6.身近にあるデートDV »

性情報リテラシー教育」カテゴリの記事

恋愛リテラシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『性情報リテラシー』5.露出服の意味:

« アルコール・ハラスメントを取材して | トップページ | 『性情報リテラシー』6.身近にあるデートDV »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓


このサイトについて