アーカイブス

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ネットリテラシー講演 in 青森(文科省委託) | トップページ | 『わたし流番組論』 前編 »

2012年3月26日 (月)

論文『ネット性表現の規制とメディア・リテラシー教育』

慶應義塾大学の国際学術誌
「Keio Communication Review」に、
論文を寄稿した

ネット上に氾濫する性的有害情報に対して、
日本における規制及びメディア・リテラシー教育の現状と
今後への提言を述べたものである。

今回は英語論文ということで、
以下は英語ユーザーの方向けの概要:
WATANABE Mayuko, ‘Regulations and Media Literacy Education on Online Obscene Harmful Information: A Japanese Perspective.’ Keio Communication Review No.34, 2012.

Abstract

This paper presents a Japanese perspective on measures against online obscene information. A research question is set on what kinds of measures are required in order to protect youth from the harmful influence of online obscene information. The paper firstly examines measures initiated by both national and local governments as well as by cell phone carriers, and secondly explores how to protect youth from potential online obscene dangers toward them. Lastly, the paper investigates the impact of online obscene information on Japanese young people’s behaviors and values in comparison with that of other countries in an attempt to provide the basis for accurate measures. The results of the research found that online obscene information has some significant impact on young people, including the increase of the curiosity for obscene crimes. 

Keywords: Media literacy; Internet education; Mobile communications; Contents regulation; Harmful information; Child pornography


-------------------------------------------


« ネットリテラシー講演 in 青森(文科省委託) | トップページ | 『わたし流番組論』 前編 »

違法・有害サイト対策とネット・リテラシー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論文『ネット性表現の規制とメディア・リテラシー教育』:

« ネットリテラシー講演 in 青森(文科省委託) | トップページ | 『わたし流番組論』 前編 »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓


このサイトについて