アーカイブス

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 新聞に書評 『〈脱・恋愛〉論』 | トップページ | 中学道徳教材に『ネットいじめの真実』 »

2012年2月13日 (月)

イマドキ子どもの「性の目覚め」

最近の私の研究テーマは『恋愛リテラシー』である。

恋愛と切っても切り離せないのは「性」でしょう、
ということで
特に「メディアの性情報に対するリテラシー」を
掘り下げている。

メディアの多様化が進むなかで、
いまどきの若者はどのように性情報を入手しているのか?
それらの情報は、恋愛関係にどう影響するのか?

取材やアンケートを重ねるうちに
様々なことがわかってきたので、
こちらで随時ご報告していこう。


【初めてメディアの性情報に接した時期 (アンケート)】
・男子1位……小学5年生未満 54%
・女子1位……小学5年生未満 30%
                         (回答:都内の大学生男女141人)

小学生の早い段階で性的メディアの初体験を済ませる傾向は、
男子も女子も変わらない。
きっかけは、拾ったり、家族が持っていたり、
子ども向けの雑誌に載っていたり。
現代社会が、
子どもでも性的メディアを目にしやすい環境になっていることの
表れであると考えられる。


小学校高学年から始まる学校での性教育をめぐり、

「性に関して何も知らない子どもたちを刺激し、

『寝た子を起こす』のではないか」

との議論が教育界には根強いが、

子どもたちはとっくに目覚めている。

★★

アンケートに答えた

若者たちの生の声を、

こちらのメルマガにて詳しく紹介中。

★★

--------------------------------------
 

« 新聞に書評 『〈脱・恋愛〉論』 | トップページ | 中学道徳教材に『ネットいじめの真実』 »

性教育とメディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イマドキ子どもの「性の目覚め」:

« 新聞に書評 『〈脱・恋愛〉論』 | トップページ | 中学道徳教材に『ネットいじめの真実』 »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓


このサイトについて