アーカイブス

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« いじめ自殺と「親の知る権利」とマスコミの温度 | トップページ | 人権・差別週間で講演 »

2009年12月11日 (金)

石川県の「携帯持たせない条例」を調査

石川県を訪れた。
「違法・有害サイト対策の国際比較調査」の関係である。

石川県は今年6月、
いしかわ子ども総合条例にて
「防犯など特別な場合を除き、
小中学生に携帯電話を持たせない」
ことを保護者の努力義務と定めた。
全国で初の試みだ。

今回の取材では、
県の関係部署の方々にお話を伺った。
この条例は、自民党会派が主導した議員提案だという。
県としては、「知る権利」や「教育権」の侵害への懸念も
抱いたが、最終的に議員の賛成多数で可決された。
以前から地元のPTA連合会でも
「携帯を持たせない」とする宣言文を出していたというから、
このような規制を受け入れる土壌はあったのだろう。
県民気質かも……と感じる私は金沢出身。

だが、携帯は「正しく」使えば楽しく便利な道具である。
家庭環境や友人関係に悩み、
携帯が唯一の「逃げ場」になっている子どももいる。
子どもたちから逃げ場を取り上げるなら、
大人がそれに代わるものを提供してやらねばならない。

大人たちは、子どもに規制を押し付けるだけでなく、
自らも変わる覚悟があるのだろうか?

「携帯持たせない条例」はいよいよ来月1日施行。
この条例に関する詳細な調査結果は
来年発行の論文にまとめる。

Photo こちらは近江町市場の海鮮丼。
          これで1500円也。

« いじめ自殺と「親の知る権利」とマスコミの温度 | トップページ | 人権・差別週間で講演 »

違法・有害サイト対策とネット・リテラシー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川県の「携帯持たせない条例」を調査:

« いじめ自殺と「親の知る権利」とマスコミの温度 | トップページ | 人権・差別週間で講演 »

公式ホームページ

  • Photo

2015~新ブログは下記へ↓

  • Photo_4

今日のつぶやき

メールマガジン

  • 『貪欲に生きる!技術』 テレビ局退職、留学、独立…私は人生の転機にどう備え、どのように決断してきたのか? 「人生変えたい」と願うあなたへ! Photo

性情報と子ども

  • 『現場レポート』 性的有害情報が子どもの性行動・性意識に与える影響とは? 対策としての、新たな「リテラシー教育」とは?

Subscribe購読

ブックマーク

応援多謝! ↓


このサイトについて